about

ようこそNKT officialへ。ここは私、中田敦彦が「大手の流通を通さずに、手作りのコミュニケーションを届けたい」という思いから始めました。製作プロデュースから販売まで全てをひとりで行なっている小さなSHOPです。おだやかに、ゆるやかに、末永くお付き合いできたら幸せです。





【ファンによるグッズ自主制作についてのガイドライン】
2018/02/28

自作グッズに関してのルール作りは、これまでの自作グッズを非難しているわけではありません。
※このガイドラインは2018年4月6日から適用されます

自作グッズを個人で楽しむ場合には制約はありません。

「個人で楽しむ」範囲とは
1、販売しない
2、同種を2個以上つくらない
3、他のファンと共作しない
4、他のファンの目に触れさせない
5、ライブに持ってこない
6、メンバーに見せない
6項目のうちどれか1つ以上あてはまる場合は「個人で楽しむ」にあてはまらなくなります。
その場合、守って欲しい3つのルールがあります。
<公式が販売しそうなものを作らない>
<ロゴマークを使わない>
<メンバーの写真を使わない>
■公式が販売しそうなものを作らない
懸念される代表的なもの
・マフラータオル(用途が同じようなタオル・手ぬぐい含む)
・Tシャツ
・ペンライト
…など。
公式のグッズは活動の財源です。グッズが売れなくなるとRF活動ができなくなってしまいます。
■ロゴマークを使わない
ロゴマークは公式の証明となる大切なものとなります。
ロゴマークは現行のマークだけでなく過去のマークも含みます。
イラストで手描きフリーハンドのロゴマークを描きこむのはOKですが、ロゴを精巧にトレスするのはNGです。
■メンバーの写真を使わない
タレントの画像はフリー素材ではありません。
・自作グッズに写真を使わないでください。
・SNSのアイコンやヘッダーへの利用もNGとさせてください。
写真をツイート・拡散するのはOK。
イラストを描く際に、写真をトレスするなどはOKです。
【ガイドラインまとめ】
これまで自作グッズを作っていた人を責めない。
ライブに持ってきていい自作グッズは、推しうちわ・スマホケースなど販売されなさそうなもの。
作る場合はロゴマーク・写真は使わない。
ロゴマーク・写真を使って作ったものは個人的に楽しむ。
個人的に楽しむとは「販売しない」「同種を2個以上つくらない」「他のファンと共作しない」「他のファンの目に触れさせない」「ライブに持ってこない」「メンバーに見せない」という意味。
ツイッターのアイコンやヘッダーにロゴ・写真を使った自作グッズを載せることもルール5の「個人的楽しみとはメンバーや他のファンの目に触れさせないこと」に抵触するためNG。
公式グッズを素材として全く別のグッズに作り変えることはNG。(公式グッズを使うことでロゴのついた自作グッズが無制限に作れるようになるのを防ぐため)
ファンアートで絵を描くことは推奨。しかし絵の中での、ロゴデータの直接使用および精巧なトレスの使用はNG。(公式ではないと認識できるフリーハンドのロゴマークはOK)
以上。

【FAQ よくある質問と答え】
■写真に関わるFAQ
Q:メンバーが写っている写真をツイートしてはいけないんですか?
A:OKです。写真の使用がNGなのは自作グッズ、バナー、アイコンに対してです。

Q:撮影タイムに撮った写真でもだめですか?
A:撮影自体を公式やメンバー本人からOKしたもの(ライブの撮影タイムや、イベントや出待ちのツーショットなど)であっても原則どおり、自作グッズ、バナー、アイコンに使うのはNGです。
Q:メンバーがRADIOFISH活動以前に撮った写真でもだめですか?
A:原則どおり、自作グッズ、バナー、アイコンに使うのはNGでお願いします。ただ、メンバーから個別に「これは使用していい」という許可を出した個人活動案件に関してはOKです。
■ガイドラインの解釈に関するFAQ
Q:ルール前に推しタオルをすでに作っていました。写真もロゴも使っていませんが、ライブに持って行ってはいけませんか。
A:すでに作ってしまっていた場合でも、ライブへの持ち込みはご遠慮ください。
(※4/5Phalanx東京凱旋までは許可しています)
Q:手作り推しうちわはライブに持ってきていいとなっていますが、扇子はどうですか?
A:NG にしておきます。
Q:衣装の模様を写真をトレスして描きましたが大丈夫でしょうか。
A:禁じているのは「ロゴマークの精巧なトレス」です。精巧であれば禁じているわけではありません。
■公式グッズのカスタム可能範囲についてFAQ
Q:シールを金属と合わせてコート材を塗ったり樹脂で固めたりも禁止ですか?
あくまでシールそのままを何かに貼り付けるだけでしょうか?
A:公式グッズのシールを素材とする行為はNGとします。
OKとなると、シールをもとにすればロゴマークが使い放題になってしまうからです。
Q:パーカーを前開きにできるように作り替えたり、ツアーTの首をVにしたり、裾切って短くしたり…そういう自分が着やすくするためのリメイクカスタムはどうですか?
A:「着こなし」ということでOKとさせていただきます。
グッズのアパレルなどのロゴマークを素材として、全く別の物を作ってしまうのはNG。
つまり、Tシャツをポーチに作り変えたりとかはダメですが、着こなしのためにTシャツをTシャツとして着る範囲で手を入れるのはOKです。
Q:ロゴ・写真・業者使わない前提で、公式グッズのキンブレに名前の追加、パーカーにアイロンシール等で名前やイラストを付け足す、染色するなどのカスタムはどうですか?
A:「公式を素材にすることによるロゴの無制限の使用」や「全く別の用途の自作グッズに作り変える」というポイントに抵触しなければOKです。
<ルール化の目的>
自作グッズでの応援はもちろん嬉しかったです。
しかし、現在進行形で新たな体制を作っているので、あの時とこれから、というふうな転換点としてとらえていただけるとありがたいです。
熱意や要望を汲んだ公式グッズを出せるようにしていきます!ご期待ください。
何がOKで何がNGか。基本的なルールは上記の通りです。あとは個別に具体例を見せて聞いてもらえると助かります。無闇な自粛や自粛の強要は運営への誤解と批判を生みかねません。楽しくファン活動をして欲しいので、秩序と平穏を作りたいと思っています。ルール化の目的は無意味な厳格化ではないことをご理解頂きたいです。
新しい方針に納得がいかない部分があるという方は、ツイッターNKT officialアカウント(@OfficialNkt)までご意見ください。もちろん意見をするのは勇気と体力を伴うかと思います。ですが、ファンの方に見えないところで思い込んで悲しまれてしまうのは私も心苦しいのでなにとぞ、よろしくお願いいたします。